大学受験 参考書オタクによる志望校合格への具体的最短ルート 

大学受験を応援するブログです。 メンタル面のことも書きますが オススメの参考書やそれをどうやって使って勉強するかなど具体的なことをかいていきます。 逆転合格を狙っている方にみていただきたいです。 当然浪人生にも有用なブログにしていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
皆さんこんにちは 今回は受験英語の紹介をしていきたいと思います。
文系科目の英語.国語.社会の中で最も大事なのが英語だと思います! なぜかというとどのような受験方式でも基本的には英語は避けて通れません。 理系の方も勉強する必要があります。さらにはセンター試験もそうですが英語の配点を高くしている大学が非常に多いです。 ちなみにセンター試験では社会100 国語200 英語250 という配点です。
そんななか一番成績をあげにくい教科が英語ともいえます。 恐らく早い人でも勉強してから点数の伸びを実感するまで3ヶ月はかかると思います。 しかし一回コツをつかむといきなり点数をあげることができる教科でもあります。コツは別の記事でかくとして今回は英語の基本的なことを紹介します。 英語は単語 文法 長文に分けて勉強をする必要があります

単語
一番最初に取り組む必要があり、一番根気が必要となる部分です。 基本的には市販の英単語長を買ってひたすら暗記するしかないですが、暗記の仕方にコツがあり知ってるか知らないかで覚える早さや記憶の定着度が全然違います。
コツは別記事で紹介していきます。

文法
市販の文法書をまわしていきますが、1冊を最低でも6周はしましょう。 1周目は90%間違えていても大丈夫ですしそれが当然です。しかし間違いをそのままにするのではなく解説を見て重要な部分にアンダーラインを引くと覚えやすいです。
間違えた問題にもチェックすると6周回した後に何が苦手なのか見えてきて効率が良くなります
実を言うと文法にも裏技があります。 これも長くなるので別記事で紹介したいとおもいます。

長文
最も配点が高く、難所になる部分です。単語の知識と文法知識と読解力が必要になるので基礎ができていないとここはできません。 なので勉強するのも8月以降でいいでしょう。
長文にも解き方のコツや順番というものがあります。 別記事でゆっくりと紹介していきますので是非みてください

以上です。 英語に関しては大学に入った後もかなりつかいますし、大学版の英語テストTOEICは就職活動でもつかいますので長い付き合いになっていきます。 頑張りましょう!

よかったら参考にしてください 
2015.05.31 21:56 | 受験科目 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。