大学受験 参考書オタクによる志望校合格への具体的最短ルート 

大学受験を応援するブログです。 メンタル面のことも書きますが オススメの参考書やそれをどうやって使って勉強するかなど具体的なことをかいていきます。 逆転合格を狙っている方にみていただきたいです。 当然浪人生にも有用なブログにしていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
受験生の皆さんこんにちは、今回は社会について紹介していきます。
私立文系の社会でよく使われるのが 世界史、日本史、政治経済です。 センター試験での配点は100点と一番低いですが他の受験生が点数をとってくる科目なのでここは落とせません。 英語、国語に比べてテストで時間が余る分、ケアレスミスなどをなくすことを心がけましょう


世界史

ひとつの国だけではなく多くの国の様々な範囲を扱っているので暗記量が膨大です。横文字が結構でてくるので苦手な方は日本史か政治経済にしましょう。時系列の縦のつながりと他の国々の横のつながりを意識して勉強すれば点数につながります。 写真問題なども多くだされるので教科書や参考書だけではなく資料集にも目を通しましょう。

日本史
日本の国のことが主なので暗記量は世界史より少ないと思われがちですが、そんなことはありません。
イメージとしては狭く深く勉強していく感じです。
こちらも写真問題がよくでるので資料集が必須になります。

政治経済
もし志望大学に政治経済受験があるのであればすごくオススメな教科です。 ちなみに自分は政治経済受験でした。
日本史や世界史に比べて暗記量が圧倒的に少なく、教科書の暑さは3分の1くらいです笑
偏差値も他の教科に比べて高くでる傾向があり、自分の場合一番良いときで偏差値82でした。
しかし、いいことばかりではなく 世界史、日本史にくらべて受験できる大学が少ないのであらかじめ調べておかなくではなりません。 さらにマイナーな教科になってしまうので参考書が若干少ないです。
しかし、自分が別記事でオススメ参考書を紹介しますので安心してください!
スポンサーサイト
2015.05.31 22:20 | 受験科目 | トラックバック(-) | コメント(0) |
皆さんこんにちは 今回は受験英語の紹介をしていきたいと思います。
文系科目の英語.国語.社会の中で最も大事なのが英語だと思います! なぜかというとどのような受験方式でも基本的には英語は避けて通れません。 理系の方も勉強する必要があります。さらにはセンター試験もそうですが英語の配点を高くしている大学が非常に多いです。 ちなみにセンター試験では社会100 国語200 英語250 という配点です。
そんななか一番成績をあげにくい教科が英語ともいえます。 恐らく早い人でも勉強してから点数の伸びを実感するまで3ヶ月はかかると思います。 しかし一回コツをつかむといきなり点数をあげることができる教科でもあります。コツは別の記事でかくとして今回は英語の基本的なことを紹介します。 英語は単語 文法 長文に分けて勉強をする必要があります

単語
一番最初に取り組む必要があり、一番根気が必要となる部分です。 基本的には市販の英単語長を買ってひたすら暗記するしかないですが、暗記の仕方にコツがあり知ってるか知らないかで覚える早さや記憶の定着度が全然違います。
コツは別記事で紹介していきます。

文法
市販の文法書をまわしていきますが、1冊を最低でも6周はしましょう。 1周目は90%間違えていても大丈夫ですしそれが当然です。しかし間違いをそのままにするのではなく解説を見て重要な部分にアンダーラインを引くと覚えやすいです。
間違えた問題にもチェックすると6周回した後に何が苦手なのか見えてきて効率が良くなります
実を言うと文法にも裏技があります。 これも長くなるので別記事で紹介したいとおもいます。

長文
最も配点が高く、難所になる部分です。単語の知識と文法知識と読解力が必要になるので基礎ができていないとここはできません。 なので勉強するのも8月以降でいいでしょう。
長文にも解き方のコツや順番というものがあります。 別記事でゆっくりと紹介していきますので是非みてください

以上です。 英語に関しては大学に入った後もかなりつかいますし、大学版の英語テストTOEICは就職活動でもつかいますので長い付き合いになっていきます。 頑張りましょう!

よかったら参考にしてください 
2015.05.31 21:56 | 受験科目 | トラックバック(-) | コメント(0) |
皆さんこんにちは! シララです。 志望校はもう決まりましたか? 決まりましたらその次に受験科目を確認してみましょう
私は文系なので主に文系科目について書いていきますが 今回は国語について掘り下げていきます

国語は大きくわけて評論、小説、古文、漢文と分けられます。評論と小説をまとめて現代文とよんだりします

1.評論
論理的構成に基づいている文章で、一つのテーマについて作者の考えていることが述べられています。
テーマは様々ですが、自然、宗教、経済、言語、国際問題などが好んで出されます。
論理的構成に基づいているということがポイントであって実際に読み解く力があれば得点源になります。

2.小説
1つの物語に対して、登場人物の心情やそこで使われている表現などを問う問題が多いです。
時系列や背景描写などがガラリと変わることが多いので注意が必要です。

3.古文
国語の中で最も暗記が必要な分野です。 単語、文法、表現、文学史など広く暗記する必要があります。
文中の主語が省略されていたり、家計図がだされていたりとなかなか苦戦する人が多いです。
しかし暗記してしまえば後は論理的に解いていくだけで ちゃんとした勉強法を知っていれば得点につながりますので
安心してください

4・漢文
古文ほどではないですがこちらも多少暗記が必要で、まず句法を覚える必要があります。
文章を単純に読むだけではなく、読む順番を意識できれば得点につながります。


以上です。 具体的なオススメ参考書や勉強法は今後記事にしていく予定です! 
2015.05.30 23:57 | 受験科目 | トラックバック(-) | コメント(0) |
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。