大学受験 参考書オタクによる志望校合格への具体的最短ルート 

大学受験を応援するブログです。 メンタル面のことも書きますが オススメの参考書やそれをどうやって使って勉強するかなど具体的なことをかいていきます。 逆転合格を狙っている方にみていただきたいです。 当然浪人生にも有用なブログにしていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
皆さんこんにちは! いきなりですが皆さんは一部の大学に採用されているTEAP利用型入試ってご存知ですか?TEAP利用型入試を採用する大学は次々と増えてきています。まず2015年度と2016年度にどの大学が採用しているか見てみましょう

2015年度 上智大学(全学部全学科) 立教大学(異文化コミュニケーション学部・異文化コミュニケーション学科/経営学部・経営学科・ 国際経営学科 ) 関西大学(外国語学部) 立命館大学(アジア太平学部/国際経営学部)


2016年度 上智大学(全学部全学科) 立教大学(異文化コミュニケーション学部・異文化コミュニケーション学科/経営学部・経営学科・ 国際経営学科 ) 中央大学(経済学部/法学部/商学部) 青山学院大学(文学部・英米文学科/総合文化政策学部・総合文化政策学科/地球社会強制学部・地球社会強制学科) 東京理科大学(外国語学部) 神田外語大学(外国語学部) 獨協大学(外国語学部・交流文化学科/国際教養学部・言語文化学科/経済学部・経済学科、経営学科、国際環境経済学科/法学部・法律学科、国際関係法学科、総合政策学科) 中京大学( 国際教養学部/文学部/心理学部/法学部/経済学部/経営学部/総合政策学部/現代社会学部/工学部/スポーツ学部) 南山大学(全学部・全学科) 関西大学(外国語学部) 関西学院大学 (全学部) エリザベト音楽大学(音楽学部) 立命館アジア太平洋大学(全学部) 西南学院大学(一部学部)

とこんな感じですが皆さんの志望大学はありましたか? 2015年から2016年にかけて採用する大学は一気に増えていますね。ではTEAP利用型というのは一体なんなのでしょうか?TEAPとは上智大学と日本英語検定協会が共同で作っている年3回行われる英語のテストのことです。 2015年度の試験日程は7月19日・9月13日・12月13日です。受験パターンと受験料のパターンが3種類あり
4技能パターン (Reading / Listening + Writing + Speaking 15000円)
3技能パターン (Reading / Listening + Writing 10,000円)
2技能パターン (Reading / Listening 6,000円)
 
3回全て受験した場合は最低18000~45000円です。 大学の学部学科によって見られるパターンが変わりますので事前に調べておいたほうが良いでしょう。

このテストではライティング(書く)・リスニング(聞く)・リーディング(読む)・スピーキング(話す)の4つの技能を測ります。ほとんどの大学の従来の受験方式ではライティングとリスニングのみなので少しハードルが高く感じますね笑 難易度の目安としては、英検準2級〜準1級程度で、日本の高校3年生の英語を測定するのに最適なレベルとなっています。 受験資格は高校2年生以上なので現在高校2年生でも受けることができます。 大学受験まで最大6回チャンスがあるわけですね。 

TEAP利用型入試とは上記のTEAPという英語のテストを受けて各大学の学部・学科が設定している基準点を満たすことができれば英語の受験を免除することができるという受験方式です
。メリットとしては最大6回のチャンスがあること・一度のTEAPの試験で同時に複数学部学科への併願も可能という点でしょうか。
逆にデメリットとしてはやはり受験料が少し高いという点とTEAPの情報がまだ出回っていないので不透明という点でしょうか。

当然、TEAPを利用せずに今までどおり本受験で英語を受験することも可能なのでTEAPを利用しない方は従来の受験方式で受験できます。 いずれにせよ採用していく大学が今後増えていくと予想されますので注目していきたいところです。

TEAPの実践問題集です。 TEAPの勉強に必須になりますのでTEAP利用型を検討されている方は是非とも活用してください。

【CD2枚付】TEAP実践問題集

新品価格
¥2,160から
(2015/6/14 23:01時点)


スポンサーサイト
2015.06.14 00:26 | 大学受験 | トラックバック(-) | コメント(0) |

2015.06.13 23:15 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
皆さんこんにちは!今回は日本史の参考書と問題集を1冊ずつご紹介します。 日本史は範囲も膨大ですが難しい漢字や
複雑な家計図など暗記しないといけない幅もとても広いです。 しかし比較的効率の良い参考書と問題集をしっかりと反復することができれば間違いなく得点源になれる教科です。そこで重要なのは流れやイメージをしっかりとつかむことです。今回は日本史を効率良く勉強するのにぴったりな参考書と問題集をご紹介します。 

金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本

金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本【改訂版】 近現代史 (東進ブックス 大学受験 名人の授業)

新品価格
¥1,296から
(2015/6/12 21:04時点)


(amazonへのリンク)

金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本【改訂版】 原始・古代史 (東進ブックス 大学受験 名人の授業)

新品価格
¥1,296から
(2015/6/12 21:05時点)


(amazonへのリンク)

金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本【改訂版】 中世・近世史 (東進ブックス 大学受験 名人の授業)

新品価格
¥1,296から
(2015/6/12 21:06時点)


(amazonへのリンク)
名前の通り日本史の流れと因果関係をつかむにはうってつけの1冊です。本が原始・古代史 中世・近世史 近現代史の3冊に分かれているため、苦手な範囲だけワンポイントで使うのもありだと思います。 どちらかというと初級者~中級者向けの本でセンター試験レベルの難易度になっていて、基礎をしっかりと学ぶことができるため初めの参考書にぴったりだと思います。章の終わりには確認問題がついていてその章で学んだことをアウトプットして復習できますので記憶に定着しやすいと思います。本全体として日本史の基礎がすっきりとまとめられているため非常にお勧めです。


日本史問題集完全版 (東進ブックス パーフェクトマスター)

日本史問題集完全版 (東進ブックス パーフェクトマスター)

新品価格
¥1,296から
(2015/6/12 22:19時点)


(amazonへのリンク)
こちらは参考書ではなく問題集です。 全て大学の入試問題で設問が131問あります。 回答・解説が非常に詳しくのっていて
問題ごとにセンターレベル、一般私立レベル、難関大レベルと振り分けられていますので非常に使いやすいです。取り扱っている範囲もかなり広い範囲を偏りがなくカバーしています。難易度的には中級者~上級者向きで参考書などで日本史の基礎がすでにできている方向けです。 日本史の問題集に迷われている方は是非とも試してみてみてください。
2015.06.12 22:27 | 間違いない参考書選び(社会) | トラックバック(-) | コメント(0) |
皆さんこんにちは!今回はお勧めの世界史参考書&問題集をご紹介します。世界史は縦の流れと横の流れを覚える必要があり、その暗記量は非常に膨大になっております。だからこそ効率よく勉強をして、時間を英語や国語にまわせれば他の受験生との差を作ることができます。 今回の2冊は効率を重視しつつも楽しく勉強できますので是非参考にしてください。

青木裕司 世界史B講義の実況中継

青木裕司 世界史B講義の実況中継(1) (実況中継シリーズ)

新品価格
¥1,404から
(2015/6/11 22:15時点)



(amazonへのリンク)

青木裕司 世界史B講義の実況中継(2) (実況中継シリーズ)

新品価格
¥1,404から
(2015/6/11 22:15時点)


(amazonへのリンク)
世界史の縦の流れを重視した参考書です。参考書独特の堅苦しい文章ではなく、しゃべり口調で解説をしていますので楽しく勉強することができます。内容量も十分にあり、MARCH以上を志望している方にも対応しています。本の最初のページに年表の穴埋め問題が載っており、その内容に関する講義が付属されているCDに入っています。手書きの図が載っていたりと読者の頭に残りやすいように工夫されている点もすばらしいです。世界史の初学者から得意な人まで幅広く使える参考書です。世界史の参考書に迷われている方は是非ためしてみてください。


世界史Bマスター問題集

世界史Bマスター問題集―合格へのトライ

新品価格
¥907から
(2015/6/11 22:29時点)


(amazonへのリンク)
こちらは世界史の参考書ではなく問題集です。教科書のように単元毎に縦の流れで問題を解いていきます。
文章問題ばかりではなく地図問題や写真問題、記述問題も多く、とても実践的な問題集であると思います。問題の出題方式が幅広いので難関大学にも対応でき、しっかりと周回をすれば間違いなく回答力を上げることができます。問題文自体も工夫がされており、重要年号など暗記が必要な部分は太字になっていたりと問題文を何度も読むだけでも勉強になるとおもいます。問題量も十分すぎるくらいにあるので問題慣れすることもできます。世界史の問題集に迷われている方は是非とも試してみてください。

2015.06.11 22:40 | 間違いない参考書選び(社会) | トラックバック(-) | コメント(0) |
皆さんこんにちは 今回は漢文の問題集を紹介します。漢文国語のテストでは最後に出題され時間との戦いになることが多いです。短時間にスムーズに解くためには句形を暗記し読解に応用していく力が必要になります。 当然ですが全て漢字なので意味を推測しながら読解しなければなりません。 今回紹介するステップアップノート10は漢文の基礎力を上げ、得点アップに貢献してくれることでしょう。

漢文句形ドリルと演習 (河合塾SERIES―ステップアップノート10)

漢文句形ドリルと演習 (河合塾SERIES―ステップアップノート10)

新品価格
¥823から
(2015/6/10 22:21時点)

(amazonへのリンク)

漢文の読み方やルールといった基礎や、読解に必要な句形などが解説されており、問題を解きながらそれを定着させていきます。
一方的なインプットだけではなく、問題を解くことでアウトプットもできるので、問題慣れから得点アップが見込めます。
比較的本の厚さは薄いですが、問題の分量は十分にあり1単元に実際の文章問題が2題~3題ついていますのでしっかりと反復をすれば効率よく勉強でき、センターの漢文を余裕をもって解けるようになります。勉強法はひたすら周回してください。自分は8周しました。値段も823円とかなりお手ごろ価格ですので気になっている方や漢文に苦手意識がある方は是非とも試してみてください。
2015.06.10 22:31 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。